« 秋の中池見湿地 ミゾソバ | メイン | 晩秋の食見海岸 »

2015年11月 8日 (日)

秋の中池見湿地 おわり

しばらく続けたこのシリーズは今日で一段落

モノがこないか待っているのですがイマイチ

それでも先日行った食見海岸ではちらりとその気配

来週はしばらくそれを紹介します。(お宝は出ませんが^ ^)



Photo

 

コメント

 中池見湿地、楽しませていただきました。自然環境の維持管理にも地元の理解と労力が求められるようですね。
 まったくの余談ですが、時折訪れることがある栃木県下の井戸湿原では、湿原の乾燥化が進んだり、また本体存在していなかったミズバショウを「誰かが」持ち込んで繁殖をはじめたりして、その駆除対応などにも余計な管理コストがかかっている様子でした。

ここでも木道が整備されて歩きやすくなってるのですね。きちんと整備されたモノがあるとうれしくなります。とくにこうした施設、お上の管理ではなくボランティアでされている方がみえるのも良いですね。

クロメダカさん

ありがとうございます。こっちでも湿地近くで新幹線のトンネル工事が始まりました。影響はないといっても長い目でみたら全くないということはないでしょうね。海外の国立公園のような立ち入り規制も必要なのかもしれません。

Shigeさん

夏場は珍しい水生植物も見られるそうです。最近はアメリカザリガニに手を焼いているようで先日もアメリカザリガニ捕獲の催しがあったそうです。

湿地って歩きにくくて行きにくそうなイメージがあるので、歩きやすい木道があるとちょっと行ってみようかな?と、ハードルが低くてありがたいです。
トンボもここは色々見れるそうですね、来年見に行ってみたいです。

ことまるさん

はい、夏場は楽に歩けます。まむし注意の看板もありますが^^

コメントを投稿