ゴミ Feed

2017年8月31日 (木)

蛍光灯

ハマゴウの上に捨てられていた蛍光灯です。

2

まだそんなに古くもありません。

LED照明に交換したため不要になったのでしょうか。

LED照明=エコ のような風潮が多いですがどうでしょう。

エコの反面こういった不法廃棄物も増えているのかもしれません。

ブラウン管テレビが時々海岸に流れ着きます。

蛍光管も。

エコってなんでしょうね・・・・

2017年5月 7日 (日)

ざんねん!

海浜自然センターに行く途中にある鳥辺島

この島はカッコイイのと景色が抜群です。

Gw1

空も海も、そして緑もきれいでしょう。

しかし、足元のガードレールの下にこんなもの

Gw2

ゴミのポイ捨ては残念ですが、なかでも紙おむつのポイ捨ては

本当に腹が立ちます・・・・・

子供さんには責任はありません。

悲しくて情けなくて真に残念です。**

2016年9月19日 (月)

水晶浜-夏の面影

水晶浜に落ちていた中途半端な蚊取り線香です。

Nago

夏の水晶浜はとにかく人が多くて、なかでも若者率はかなり高い。

夕方になると夕陽が沈むのを見守る(かどうかはわかりませんが)

カップルがぞろぞろいます。そこで必須アイテムが蚊取り線香。

露出度が高いので蚊にとっても格好の獲物ですから。

最近では防虫スプレーなるものがありますが、やっぱり日本の夏は

これですね^^  


2016年9月17日 (土)

白木海岸-満潮線

白木海岸、満潮線に目をやります。

この日は少ないですが貝殻もボチボチ

Sm0

ベニガイの姿もありました。

満潮線を離れて見てみると

Sm1

白いものが目立ちます。また近寄ってみると細かい発泡スチレンです。

こんなやつがどんどん分裂して細かくなっていきます。

目では見えないサイズもいれるといったいどれくらいあるのでしょう。

始末が悪いことに自然に分解されません・・・・・

Sm2

年々増えているように見えるのは気のせいかな・・・・


2016年9月 3日 (土)

坂尻海岸にて-こちらでも夏の残骸

9月に入っても暑い日が続きます。

海にはまだお客さんがやってきているようですが、今日は浜辺の残念な光景です。

今日のShigeさんのブログで紹介されているのは夏の残骸について(外部リンク)

そして坂尻海岸ではこんなのが@@

B1

BBQ後のゴミですね。

B2

おそらくBBQで出たゴミを炭の入っていた段ボールに入れて放置した。

それをカラスやトビが開けて散らかしたようです。

このBBQ用の炭、水晶浜や白木のような白い砂浜のところでは

細かくなってたくさん散乱しています。

残念な光景でした。

2016年1月10日 (日)

ゴミのバックに青葉山

ほんとうは手前のゴミはないのがベストなのですが

漂着ゴミを誰かが回収して集めたものだと思います。

大きなプラゴミはまだ集めることはできますが

小さな砂粒のようなプラスチックは回収しようがありません。

そんな小さなゴミ、どんどん増えているのでしょう。**

Photo

2015年12月23日 (水)

カラス?

冬らしくないようで少し冬らしかった横浜海岸。

A

たいしたものはありませんが、こんなものが・・・・

B1

ほぼカラスの大きさ、プラ製です。

目がなんだはか情けないですね・・・

あと、喉元にある輪は何に使うものかな?ー

Photo

2015年2月27日 (金)

視線を感じた・・・・

天気のよい松原海岸。

ごみ見物とホネ探しの時、どこからか視線のようなもの。

これでした。自転車のサドル。

こうやってみると、顔にみえますね。^ ^

Kao_2

2015年2月22日 (日)

やっぱりホネ海岸

きのう行った松原海岸。

ものすごいゴミと流木でした。

H0

この海岸、動物のホネや鹿の角などもたくさん拾える場所で

ホネホネマニアの聖地といってもいいのかも^ ^

きのう見かけたのは、こんなホネ。

去年のBC講座で見つけたのとよく似ています。

シカでしょか。小さいので子供かな・・・・

H1


2015年2月 8日 (日)

うちわのホネ

浜を歩いていると様々なモノが落ちています。

生き物系からゴミ系まで。

動物のホネに歓喜する方、海豆探しにハマる方、ただブラブラする人。

百人いれば皆歩き方があって、特別なルールがないのに漂着物学会というのが

あるのも面白いです。


これはうちわのホネでしょう。のぶさんに連絡しようと思いましたが

一蹴されるのは間違いないでしょう(笑)

Photo_2






addsence

google

track

  • track