学会 Feed

2017年10月19日 (木)

牛深到着

天草空港からバスどんぶらこ号で牛深に向かいました。

穏やかな田畑が続いていました。

やっと到着、牛深の港です。

Img_0085

秋空がきれいでしたー

2017年10月18日 (水)

漂着物学会天草大会に行ってきた

10/14,15に行われた漂着物学会天草大会へ行ってきました。

まず新大阪まで特急で1時間10分、そこからバスで伊丹空港

そこから大阪ー熊本ー天草まで写真の飛行機で移動。

プロペラ機な何度か乗りましたが、離陸するときの一生懸命さが好きです^^

20171013img_0072

あいにくの天気で下界の様子がいまいいちだったのが残念でした。

でも九州に入ると随分見えてきました。

阿蘇

20171013img_0077

雲仙

20171013img_0084

そして天草

20171013img_0082

牛深は天草空港からまだまだでした^^

2016年10月31日 (月)

北海道博物館にて

学会が開催された北海道博物館。ちょうど漂着物展が行われていました。

いろんなガラス浮きが。

でっかいシリンダー浮きです。

Hk04

アオイガイも大きさ順にきれいに並べられていました。

Hk03

2016年10月29日 (土)

望来海岸BC

学会の二日目、

石狩は望来海岸。

まさに初冬の北海道!

寒かったー・

Bc2

暗色の垂れ込めた雲

Bc0
化石組とビーチコーミング組に分かれて進む姿が皆かっこよかったー

2016年10月27日 (木)

ポスターセッション

ポスターセッションに北海道の、のらさんのがありました。

「のら通信」の歴史ですね。

Nora1

Nora2

いつも手書きというのがすごいです。

私もやってみたいなー

2011年11月 2日 (水)

ご対面

去年坂尻で拾ったお面と同じものが漂着物学会で展示されていました。

Men

私が拾ったのより若干ひしゃげていましたがやはり同じものでした。

そして後で気がついたのは黒いパネルにカメラを持った人物も・・・・

私でした(笑)

2011年10月26日 (水)

一升展示 - コアホウドリ

北海道から参加された方の展示に漂着したコアホウドリの頭骨がありました。

M2

一緒にコアホウドリの実物大の写真が上手く展示されていてその大きさにも
驚きました。
M3


以前から言われていることですが漂着物学会はほんとに間口の広い学会ですね。
貝もあり鳥もありホネからゴミもあればクラフトもあり、今年の3.11東日本震災は
漂着物にも影響があったことを他の展示からも感じました。


2011年10月25日 (火)

一升展示-ストラップ

一升展示というのは会員の方が拾ったモノや、作ったモノを自由に展示できる

スペースです。

今回ものらさんは素敵なモノを展示されていました。

小さなマトリョーシカのストラップ。素材はなんとマクラガイです。

綺麗に描かれていますね、このマクラガイはのらさんお住まいの北海道では

拾えないそうです。マクラガイを送って欲しい旨が書かれていました。

こんなストラップ作ってつけてみたいのは誰でも思うでしょうね。

M

2011年10月24日 (月)

漂着物学会-  その2

会場の受付横には、第一回大会からのポスターが貼られていました。

これがその第一回のポスターです。これも高知で開催されたのですね。

P1

私は今回も一枡展示に参加させてもらいました。

このブログでも以前紹介したものです。

他に参加された方の作品もどれも素敵なものばかりでした。

全部紹介しきれないのが残念。

P2

午後からは多くの方がみえて盛況でした。

P3


2011年10月23日 (日)

漂着物学会-出発

10/21の夜から高知へ向かいました。
今回はうちの奥さんがどうしても連れて行け! と脅迫?されたために同伴することに・・・。

とにかく高知といっても黒潮町となると遠いうえに交通の便がよろしくありません。
京都を夜9時の夜行バスで行くことにしました。
Bu
途中乗り場を間違えたり、乗ったら後ろにはオバちゃん軍団のしゃべりで
辟易したりの珍道中。

なんとか朝方に会場すぐ近くの土佐佐賀へ到着。
Bu2

会場の玄関にポスターは貼られているものの時間が早すぎて
まだ入れません。
      Bu3
空腹のまま時は過ぎて町中を徘徊する
中年夫婦でした(笑)

つづく

addsence

google

track

  • track