学会 Feed

2011年10月21日 (金)

行ってきます

漂着物学会へ行ってきます。
明日はお休みさせていただきます。

なお今年の学会の様子はネットでも見ることが出来るようです。

2010年11月26日 (金)

のこぎり鮫の??

漂着物学会、宿泊先にはこんなものが飾られていました。
「のこぎり鮫のつの」。
つのという表現が正しいのか、嘴というのか吻というのかわかりませんが。
けっこう大きかった!
Noko
のこぎり鮫のつのと書いておかないとただののこぎりの歯にしか見えませんね。

のこぎり鮫・・・どこにでもいるというものではないのですが、うちにこんなフィギュアがありました。
      Nof 
あまり出来はよくないフィギュアですが^ ^

2010年11月25日 (木)

展望台の展示物

漂着物学会のビーチコーミング大会。
海の中道公園内にある海を臨む展望台を目指しました。
ここには漂着物の展示もありました。
P00
中は真っ青な海や空を一望できる場所に、クジラの骨やウミガメの剥製、
漁具、漂着物などがうまくレイアウトされています。
P0
階段を登ると、こんどは貝や海の生き物の剥製や標本もあり
大きな鮫のアゴ、これは欲しい!!  ^ ^
そして真ん中のはオニダルマオコゼの剥製でしょうか!
全部紹介しているとキリがありません。もっと近けりゃまた来ますが・・・・
P1
そろそろ集合時間ということでまた浜を戻ったのですが
この時に、きのうのアオイガイを見つけたわけです。
そしてオニダルマオコゼ?を見たので反応したのかこんなものを見かけました。
ニオガイが穴を空けた石でしょうか。魚に見えました^ ^

    P2
だめもとで袋に入れて帰ったのですが、案の定袋の中はポロポロの砂ばかりでした(笑)

2010年11月24日 (水)

福岡でビーチコーミング

漂着物学会福岡大会。
おととい昨日と紹介していますが、以前からこのブログもコメントを頂いているクロちゃんにお会いすることも
できました。普段、ネット上でそれも文字のやりとりをしている方と直接会ってお話を聞く事が出来るのも
学会あればこそです。
クロちゃんのブログでは化石がメインのようですがビーチコーミングも紹介されています。
今日のクロちゃんのブログには大きなソデイカを二杯ゲットした旨の記事が載っていました。うらやましい!!

さて先日の学会についてはShigeさんやクロちゃんのブログでも紹介されています。
重複する部分もありますので今日は2日目に行われたビーチコーミングについて紹介します。
この日歩いたのは海の中道公園にある浜です。白く細かい砂が美しい長い海岸線。
Bc0
快晴の空の下ビーチコーミングはスタート。
各自のペースで歩き始めました。
しばらく歩くと見つかったのはハツユキダカラ。この海岸を見ていたのですが
メダカラやチャイロキヌタはほとんど見かけなかったのですがなぜかハツユキダカラがコロリ^ ^
Hatsu
ビーチコーミングも終盤、展望台にある漂着物の展示を見たあと集合場所に戻るまでに
見つけたのは流木に寄り添っていた?アオイガイでした。ちょっと欠けていましたが
学会に来て見つけられてとっても嬉しい!
Aoigai

でも、あんなにたくさんのビーチコーマーが歩いていて見つからなかったというのも不思議。
きっとどなたか残してくれていたのかもしれませんね^ ^

2010年11月23日 (火)

ポスターセッション

というと何か難しく感じてしまいますがこの学会では研究発表といった枠にとらわれない
発表もあります。
昨日、Shigeさんの市博展示を紹介したポスターを載せましたが、こんな発表もありました。

北海道ののらさんの発表はビーチクラフトについて作り方や使っている材料などを解説した楽しいものに
なっています。
N1
  
       クジラの骨や陶片に穴をあけたり網をかけたストラップも楽しそうですね
     N2
他にもギンカクラゲの研究や、九十九島に漂着したクジラなどの発表もあり
漂着物学会、間口の広さを改めて感じることができました。
P1

来年はポスターセッションにも参加してみたいと思います。

2010年11月22日 (月)

BC展の宣伝

漂着物学会・・・・・学会というと、堅苦しさがつきまとう印象が強いのですが(といっても他は知りません)
この学会はとても和やかです。
学会には研究発表、基調講演・・・そしてポスターセッション、一枡展示などがあります。

そして今、福井自然史博物館で行われているビーチコーミング展。このビーチコーミング展を
ポスターセッションとしてShigeさんが紹介されていました。

ポスターは黒バックに様々な展示内容を貼り付け、コメントも入り楽しいポスターになっていますね。
学会に参加されていた方も見にいきたい、行きたいけど残念、ぜひ行きます!!などとても好評でした。

注文に応じてポスターの前でポーズをとっていただくなど体を張った宣伝!!
Sh

Shigeさんありがとうございました!

2010年11月21日 (日)

いい天気!

昨日、今日と漂着物学会で福岡に行ってきました。
昨日は途中からの参加になりましたが、研究発表、懇親会そして今日のBC。
天気にも恵まれたいい大会になりました。

写真奥は志賀島。
そして手前の浜はBCの行われた、海の中道公園にある浜辺。
白い細かい砂が美しい浜でした。
Island

福岡でお世話してくれた皆さん、学会の皆さん昨日今日といろいろありがとうございました!!

2009年10月30日 (金)

漂着物アートの冒険

Keshiki0
この向こうには佐渡ヶ島が見えるはずだったのですがこの日は天気がよいにもかかわらず
とうとう見える事はありませんでした。残念!
さて高浜海岸のビーチコーミングも終わり、漂着物学会の一行は
柏崎市立博物館へ・・・・

ここでは「漂着物アートの冒険」という特別展が催されていました。
Art
4名の作家の方がそれぞれ流木や石、貝・・・様々な漂着物を
使って見事なアートとして紹介されていました。

暖かい感じの照明がとても落ち着いた雰囲気を感じさせていました。
Art2   Art3

たくさんの展示があって個々の紹介は出来ませんが、自分でも何か作りたい、いや
作りたくなること間違いなしです。
私もいろいろなイメージがムクムクと湧いてきましたよ。
学会から早くも一週間!! 日にちが経つのがなんと早いことでしょうね。

さて日曜日から続けてきた漂着物学会の報告、今日で終わります。
明日からはまた、地元海岸漂着物に関する話題に戻ります。^ ^

2009年10月29日 (木)

カエルのつぎは先手の駒

青い空の下高浜海岸のBC。
Sora

昨日はプラスチック製のチープなカエルのおもちゃでした。
今日はこれ、韓国将棋?チャンギの駒です。
日本海らしい漂着物でしょう。
写真のは「楚」。日本の将棋でいう王将でしょうか。
ただチャンギの場合は先手、後手で呼び方が違うようです。
先手が「楚」、後手が「漢」ということです。
チャンギの中ではこの「楚」と「漢」が一番形が大きいですね。

Photo

全部揃うのはいつのことやら。
それでも新潟で一番大きい駒を拾ったというのは嬉しかったですよ!

2009年10月28日 (水)

高浜海岸でビーチコーミング

漂着物学会 2日目。
よく晴れた絶好のBC日和の下、車で20分くらいの場所 高浜海岸へ到着。

皆さん、降りた瞬間から心はすでに浜を歩き始めています。(当然、私もですが・・)
今回の学会でといもお世話になった柏崎市立博物館の渡邊さんから
浜ゲタの説明を受けて各自ビーチコーミングをスタート!!

1
このビーチコーミング大会の光景は、見ていてもとても興味深いと思います。
しゃがむ人、這っている人、歩く人、うつむく人・・・・
大勢のビーチコーマーの方がそれぞれのスタイルで目的のものを
探しています。
この海岸、たくさんの貝殻がありました。


しばらく歩いているとこんなもの。
K1
カエルのオモチャです・・・尻尾のほうに四角い突起が出ています。
      K2

実際のカエルにはこんなのついていません。
これはカエルを置いて指で押さえると前に進むのでしょう。

うちに帰ってやってみたら前には進みませんがけっこうな勢いで10cmくらい上に
ジャンプしました。 けっこう面白いものです。
形からみても日本製ではないようですね。こんなチープなおもちゃが拾えるのも
ビーチコーミングの面白くて好きなところです!! ^  ^

addsence

google

track

  • track