« 集魚灯 | メイン | 役目を終えて »

2011年11月19日 (土)

気をつけて

打ち上げられた漂着物をかき回しているとこんなものが足に引っかかってきました。

Ha_2

釣り針です。

浜へ行けばこんな釣り針はよく見かけるのですがこれは釣り針の真上に小さな浮きが

付いています。何を釣る仕掛けなのでしょうか。

いずれにしてもビーチコーミング中なこんなので怪我をしないように

気をつけたいものです。



トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/228511/27471759

気をつけてを参照しているブログ:

コメント

ビーチコーマーよりもずっと多い釣り人、まずビーチコーマーでゴミを捨てる人は見かけませんが、釣り人のゴミって多いですよね。
根掛りとか、イロイロあるでしょうが、自分のごみはちゃんと始末して欲しいですね。

危ないですね。針の付いた仕掛けが落ちてることがありますが、漂着物の中からだと危険!

弁当を食べた痕跡とかもあるし、始末して帰りましょうって言いたいですね。

>Shigeさん

イカ用の餌木も危ないですね。流れ藻にからんだ釣り糸もよく見ます。こんなのがウミガメや海鳥が死ぬ一因になってると思うと残念です。

>ろっかくさん

弁当の包み紙だけならまだいいのですが中身を残していくとカラスやトンビのオカズになっているときがあります。
釣り針も深く刺さると病院で切開して取ることがあるとか・・
BCのときはよう注意ですね。

私も釣りをするので耳が痛い話です。
ホンッと投げ釣りをする方のゴミは砂浜で目立ちます。
ゴカイを入れた容器・飲んだコーヒーの缶にタバコの吸殻・使い終わった張り付きの仕掛けを一式捨ててあるのでホンッと呆れます。仕掛けだけは余りに危ないので回収して歩きますが、それでもどれだけ集められてるのか疑問です。
これもヒラメかアジなんかの仕掛けだと思うのですが、サビキなんて幾つも針がついてるので浜で遊ぶ子供さん・サーファーさんだけでなく鳥も危険です。モラルの低下が悲しいです。

Bcをしていると、時々、見ることがありますね。
私も少し釣りをすることもあるので、一部?のマナーの悪い人により「釣り」そのものへのイメージ低下に繋がらないことを祈ります。
弁当や飲み物の食品関連のゴミや仕掛け・釣り糸や餌などの容器など。
どこの釣り場でも、状況は似たようなものですね。
近年、外来生物のことが問題視されるようになり、バス釣りをする人への視線も厳しいものがありますが、問題を悪くした要因のひとつにはマナーの悪さもあったものと想像します。
釣りをする人には、マナーの向上を期待します。
※私は微力ながら釣りに行った際、できるだけ拾って帰るようにしています。

>ことまるさん

釣り師の方皆さんが捨てっぱなしではないのでしょうね。
ことまるさんのようにマナーをきちんと守る方もみかけます。
でも正反対に酷い人も多いですから。
私も前に釣りしていたことがあるのですが、あのサビキの針が
服に引っかかってからまって酷い目にあいました。
生きているのは人だけでないことを改めて自覚したいです。

>ぱんださん

松原海岸の近所ということもあって年一回清掃のボランティアに
参加しますが清掃している人がいるのにゴミを捨てていますから。* *
そんな人はゴミは誰かが拾うものということになっているようですね。
これからは私も釣り針や危険なものは持ち帰って処分したいと思います。

残念なことですが、世の中には、「自分だけよかったらいい」なんて考えの人が増えましたね。
子供たちが安心して素足で砂浜を歩けるように、せめて海水浴場付近だけでも、釣りは禁止にしてほしいです。

>渚の探偵:助手さん

今、安心して裸足で歩けるところはほとんどないでしょうね。
釣り針、注射針、プラ片etc
いつまでも残るものばかりですね。

コメントを投稿